現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組子細工

2011-07-31

Tag :


0731027

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。

久しぶりに信州の空をアップします。

電線が邪魔ですが…。

田舎なので、電線があるのです!



NHKの朝の連ドラ「おひさま」は、信州が舞台です。

みなさん、見ていますか?

余談ですね・笑


新潟や福島のみなさんは大丈夫でしょうか?

信州から、下流は信濃川につながります。

下流では、すごい被害にあっていて申し訳ない気持がします。


0731026

今日は、ブラジル料理の教室へ行って来ました。

・ブラジル風ご飯(白いご飯に見えますが、ニンニクと玉ねぎの入った、炊き込みご飯です)
・フェイジョン(豆料理=甘くない煮豆/お豆・ベーコン・ニンニク・玉ねぎ・塩)
・ブラジル風ビュッフェ(牛肉と玉ねぎ)
・サラダ(ハーブソルトがアクセントになっていておいしい)
・フルーツサラダ(ブラジルには、いつも果物がたくさんあるそうです)

ずいぶん、グローバルになっているワタクシです。

ご飯とお豆の相性は、抜群でした。

栄養バランスもばっちりです!

ブラジリアンコーヒーもさすが本場だけあっておいしかった!

0731028

午後は時間があったので、髪をカットしてきました。

ショートなので、40日スパンで行かないと、すぐ伸びてくる!


そのあと、少し時間があったので、実家へ。

私の小学校6年生の時に亡くなってしまった、父ですが、形見の組子細工です。

(以前にも紹介しましたでしょうか?忘れてしまったので、ご容赦を!)

建具職人だったので、父には申し訳ないですが、最近になって知ったこと。

建具というものは1ミリでも、狂うと形にならないそうです。

一本一本を削り、カットし、斜めにカットを入れて組み合わせる。

その工程の中、これだけの細工が出来た父はすごい職人だったのだな…と誇りに思います。

折しも、今日は、当地方ではお墓参りの日。

そっと、お墓参りもしてきました。

0731024

今朝、必死に網戸に張り付いていたカエル君。

つい、かわいらしくて写真に収めました。



人気ブログランキングへ





田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大人のキャンプ

2011-07-25

Tag :

0720004

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。



週末は、キャンプに行って来ました。

日本語教室が終ってから、駆け足で…。

なんと、忙しいこと!

車で、1時間くらいの場所です。

標高1500メートルを超える場所。

すっずし~。

クーラーなんて必要ありません!

0720002

こんな滝をながめてみたり。

マイナスイオン た~っぷり。

野草を見たり。


0720003

こんな、苔むした 切り株を見たり。

みなさん、映画西の魔女が死んだ(←クリックしてね)を見たことがありますか?

最近の 私の一番のヒット映画です。


ふとしたことから、登校拒否になってしまった少女が イギリス人の「おばあちゃんのいなかの家」で過ごし、自然の中で規則正しい生活をすることによって、再び生きる気力を取り戻すお話です

そんな映画の光景にとてもよく似ていました。


0720001

池に写る、青い空も とてもきれいでした。

カメラの電池が終ってしまい、これ以上写真が撮れなかったのが、残念です。


夜は、キャンプ♪

友人が山荘を持っているので、お泊りです。

癒しの日(←クリックしてね)昨年も行きました。



見える星の数の多いこと!

山荘の近くには、山からの湧水。

冷たくて、甘くて、とてもおいしい!

畑から、もぎたて野菜をもらってきて、早速 超簡単にお料理。

素材が新鮮なので、シンプルな味つけでも、とってもおいしいです。


いつもご招待ありがとう!

お肉ばっかり 食べれなくはなってしまった集いですが(もうそろそろみんなお年頃?・笑)、時々は集まってとりとめのない話をします。

次の日には、農作業のプチ体験。

田舎に住んでいるとは言え、なかなかできない体験をしました。

良い休日になりました。





今日はうれしかったことが二つ。

昨日、うれしいコメントをもらいました。

hoshikoさん、勝手にお借りしますが、よろしいですか?

…ありがとうございました。
七ヶ浜町菖蒲田浜はわたしの生まれ育った町です。
実家は全壊、一人暮らしの母は現在仮設暮らしです。
自宅跡は大勢のボランティアさんのおかげできれいに片付きました。敷地の片隅にヒマワリの種をまいていただき、母は毎日その成長を楽しみに仮設から自宅跡に通って雑草を抜き、肥料を施し成長を楽しみにしております。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。…

私が行ったのは、まさにその場所でした。

拙いブログなのですが、どうしても書きたいと思ったのでした。

ひまわりの花が ポツンポツンと咲いていて、どうしてこんな荒地なのに咲いているのか?と思ったのでした。

復興のお手伝いと言っても、私はほんの一日作業しただけで、とても自慢できるものではありません。

テントを張って、野宿をしたわけでもなく、ホテルでの宿泊でしたので。

とても、申し訳なく思いました。

こうやって、どこからか 辿りついてコメントを下さったことに、拙い文章を読んで下さったことに感謝です。

そして、ひまわりを育てるために、仮設住宅から毎日通っているとのこと。

生きる励みになったのでしょうか?

そして、どうかお母さまも、ご家族も御元気でと願わずにいられません。

人に感謝をされることが、こんなにうれしいことだなんて。

こちらこそ、貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございました。



もうひとつ。

先日の夜、近くへショッピングに行きました。

遠くで、大きく大きく手を振る人が…。

きっと、ワタシじゃないわ。

そんなに、私に手を振ってくれる人なんていないし…。

と思いながら、急ぎ足で。

でも?

あれ?

振り返ると、私を追いかけてくる人が。

ニコニコしながら、「先生、行っちゃうから追いかけた」と。

「先生、会えてうれしい♪」と。

フィリピンの生徒さん。

うれしくなって、ついハグ!

最近はこの生徒さんと、いろんな事情で日本語教室に通ってくることができなくて、再会するのが月に一度くらいになってしまいます。

ですから、会うとついハグ!です。


「最近は、長野で仕事がなくなってしまって、引っ越すかもしれない…」とせつなそうに。

人生は一期一会、タイミングが合わないと、次に会うのはいつになるのか分からないなと…。

「でも、先生の電話番号知っているから、引っ越すときは連絡するね」と。


次に会える日はあるのかな?

日本語教室で、一緒に勉強していると楽しいこともあるけれど、つらい別れもあるんだなとも実感しました。

日本なら、いつかは会えるかも?と思うけど、海外となると…。


でも、慕ってくれる人がいることは、とてもうれしいことです。

私も生徒さんが大好きです!




人気ブログランキングへ





田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

宮城の空で その2

2011-07-18

Tag :

0715082

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。


宮城県松島の朝焼けです。

復興ボランティアなのですが、宿泊先は、松島のホテルでした。

ボランティアの実感がわかないので、ホテル宿泊というのは、ちょっと気が引けるのですが。。。



窓から、朝日が差し込み始めたら、どうしても朝日が見たくなり、ごそごそ起き出しました。

午前4時半です!



松島からの朝日を、見るチャンスと思ったら、ワクワクしました。



0715079

ホテルのまわりを ぐるりと一周します。

ユリの花も咲いています。

0715078

アジサイもきれいです。

ちょうど、見ごろでした。


0715080

我が家のアジサイも、ピンクから紫へと色が変わってきました。

同じだな…と思っていました。

カメラを向けた時は、気がつかなかったのですが…。

すごい偶然に、カタツムリが一緒に入っていました。

こんな偶然ってあるのでしょうか?



散歩していたら、どこからかローカル線の走る音が。

電車が通っている!

こんな当たり前のことなのだけど、すごく感動しました。

復旧するのに、どれだけの時間とみなさんの努力が必要だったか。。。

0715044

小一時間をほど、観光する時間があったので、松島をぶらりと…。

小さな「こけし」屋さんに入りました。

「津波の様子はどうでしたか?」

「1メートル30センチも店の中に入ってきたよ」

店の中、水浸しで…。

こんな経験生まれて初めてだわ。

松島は津波がないところで、有名なはずなんだけど…との、お店のおばあちゃんのお話。

その後の、土砂の撤去がとても大変だったそうです。

お店の柱には、水がここまで入ったと「目印」が。

津波の後の様子も、写真で飾ってありました。


遠くの方に、お店の「こけし」が流されて浮かんでいました。

お店を再開するのに、どれだけの労力と気力が必要だったのでしょうか。

でも、お店を開かないことには「何も始まらない」と思う気持が、ひしひしと感じました。

どうか、おばあちゃん、お元気でいてください…。




私は、「まん丸」に削った、うさぎを買いました。

掌に乗る、かわいいものでしたが、写真を撮るのを忘れて、大阪の娘のところに送ってしまいました。

ひとつしか買わなかったことをすごく後悔!

うさぎ大好きさんにとって、とてもうれしかったらしく、「ありがとう」と返事が来ました。

電話の上に居座っているそうです・笑




花の写真は、全部 「宮城県」で撮影したものです。

一日も早く、以前と同じような光景に戻りますように。

「がんばれ」とは、言いません。

がんばらなくてはいけないのは、私たちですから!






0717001

復旧ボランティアから帰って来た後は、三連休でした。

お掃除したり、庭の手入れをしたり、実家へ遊びに行ったり。


一人暮らしの母を、最近は時々訪問するようにしています。

外食などしなくても、家にあるものでささやかに一緒に食事をするだけで良い。

一緒に畑に行って作業をしたり、何気ない話をしたり。

昔話を聞いてあげたり。

そんな時間がとても大切なんだと思うようになりました。

私が、おかずを作って持っていくことも。

お料理を教わったり、こんな料理もあるよと教えてあげたり。

ゆるりと時間が流れます。



そんなこんなで、三連休も終わろうとしています。

空いた時間をみつけて、ちょこっと手作り。

ジャムや漬物など…

加工品。

瓶に詰めたものをながめると、なんだか充実感を感じます。



自宅の、小さい小さい庭も、草むしりをしたり、苗を植えたり。

少し、掘り返すと「ミミズ」さんがたくさん出てきます。

ワタクシ、ミミズは全然平気なので、働き者の「ミミズ」さんを、もっと土に栄養を与えてほしいところに転勤・引っ越しを依頼します。。。

時間がかかるけれども、肥料もほとんどやらない庭なのですが、何とか形になっています。

ミミズさんの仕事ぶりは、すごいです。

いつの間にか、枯れた葉っぱや草は土に帰っていますから。。。

(多少時間はかかりますがね…)

自分の庭だけでも殺虫剤も除草剤も使いたくないので、汗だくになって、作業になりますが。




日本語教室で、「先生美人ですね」と…。

「美人じゃないです!」

「違います。神魂(神魂なんて言葉、日本人の私でも使ったことがない)の美しい人が美人だなんです」と。

なんとも、イチコロの殺し文句でしょう!



いや、照れくさいというか、美人ではないんですね!。。。????



的を得ている言葉は、「変わり者」でしょう!!!!!

自問自答しているワタクシです。





追伸 : バンキシャという番組に、ボランティアの様子が放送されるそうです。
     取材に来ていたことも知らなかったのですが…。
     放送日はまだ未定だそうですが、たっつみぃ 果たして全国デビューするのでしょうか?
     映っているのでしょうか?
     というか、放送日は昨日だったのか?見忘れましたので分かりません。
     映っていたとしたら、よれよれの変なおばさんでしょう!


人気ブログランキングへ





田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

宮城の空で。

2011-07-15

Tag :

0715038

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。



今日も、こんなに青い空。

一緒にいた 東京の人も「ここの空は本当に青くてきれいですね…」と。

0715045

いたる所にこんな光景が。

震災から四か月経過しているのに、まだ海水の抜けない場所も。

0715010

例年なら、青々とした稲が育っているはずなのに、ひび割れて、干上がった田んぼ。

青々と見える田んぼも、稲が育っているのではなく「雑草」が…。


行って来ました。

被災地『宮城県七ヶ浜町』へ 復興ボランティアへ。

宮城県七ヶ浜災害ボランティアセンター(←クリックしてね)

0715041

緑の木々の向こうには、膨大な量の瓦礫の山。山。山。

0715020

0715064

0715018

日本語教室のボランティアのお手伝いをさせてもらっているので、災害ボランティアセンターの張り紙にも、
ついつい目がいきます。

遠く離れた日本のことを、そしてそこに住む外国人の方も。

世界中の人たちの心が身に染みます。


ひとりのアメリカ人の方は、災害が起きてすぐに、こちらにボランティアにやってきたとのこと。

日本語は、ほとんど話せません。

私も英語は、単語くらいしか思いつきません。

でも、「日本語教室の生徒さんに見せるから」となんとか、話して一緒に写真を撮ってもらいました。

(アップ出来ないのが残念!)

汗だくになりながら、瓦礫の撤去や、重機の入らない場所での、家屋の基礎になっている床板等を人力で撤去したりします。

彼も 誰のために…というわけでもなく、黙々と汗を流しながら作業。

宿泊は、拠点となるボランティアセンターの横で、テントで仮設生活です。


0715048

私も、瓦礫の撤去のお手伝い。

大きなものはすでに、自衛隊の方などの協力により撤去されてはいるものの、少し掘り返すと「ガラスの破片・瓦屋根・くぎ・生活物資」さまざまなモノが出てきます。

ボランティアセンターにて依頼のあった、家の敷地と思わしき場所を片付けます。

ただひたすらに。

当日まで遊んでいたと思われるゲーム機「PSP」が落ちていたり。

家や車のカギ。

クレジットカードなどの貴重品。

「ウルトラマンのお人形」

ここに住んでいたのは、お父さんとお母さんと「子どもさん」?

無事逃げられたのだろうか…?

怪我はなかったのだろうか。


そんなことを考えながら。

近くには、廃車になった車が放置されていたり…。



ほんの少し高い場所にあるお宅は、生活している人もいるのに。

0715032

倒れた電柱もそのままに。

電柱が新たに立つまでの間、どんな思い出そこでの生活を送っていたのでしょう。

おそらくガス管も流されて、ライフラインはすべてダメだったのでしょう。


おそらくそこの場所は推測すると、100件くらいの家があったと思われる面積です。

でも、何も残ってはいません。

「蚊」などもたくさんいるものと思っていましたが…。

ただただ、繁殖力のある雑草が生い茂っていて、昆虫もいません。

とても静かで、ひっそりとしていて、命らしきものを感じない世界でした。

そんな中、仲間と「アリさん」見つけた。

「がんばれよ」って誰がいうともなく声に出していました。


0715057

まずの復興は、生活する場所から。。。

海岸近くはまだほとんど手つかずの状態。

0715058

ひそりと「ひまわり」が咲いています。

はるかのひまわりプロジェクト(クリックしてね)

阪神大震災から受け継がれたひまわりの種を、作業が終わった時点で、撒きます。

やがて、作業の終った家の後には「ひまわりの花」が咲き、花が咲くと復興が一つ進んだという証になります。

私たちの撒いた種は、はるかちゃんの種から、なんと17代目の種です。

ちゃんときれいな花が咲きますように。

心をこめて、全員で種を撒きました。


一緒にいた人達も。

黙々と。




午後になり、瓦礫の撤去作業をしている依頼主のお宅の家主さんが感謝の気持ちを込めて、お礼の差し入れを持って来てくださいました。

ウルトラマンのお人形があったことから、「ご家族はみなさん、ご無事ですか?」と尋ねると、みんな無事とのこと。

良かった~。

依頼主さんの顔を見れて、家族の安否を確認できて、本当にホッとした一時でした。

下の子は、今年小学校一年生。

仮設住宅で、不便なことは…?

と聞いたら。

学校が遠くなってしまって、車で送り迎えをしなければいけなくなってしまったこと。

特におにいちゃんと妹では、下校時間が違うので、送り迎えをピストンでしないといけないとのこと。

スクールバスの替わりのボランティアもあるな~って思いました。


「みなさんありがとうございました。
 これから、復興に向かって少しでも前向きに生きて行きたいと思います…」と声を詰まらせて。

とお礼の言葉。

何年経過したら、この場所はどんな形で復興できるのだろうか…。

また、この日を思い出して訪ねてみたいものです。



一緒に活動した仲間の中には、上記のアメリカ人の方、近所だけど、ほんの少しだけ高台だったから、流されずに済み、家族も全員無事だった青年。

やはり、七ヶ浜町に住む、若い女の子。

その他、京都や神戸や東京から来た見知らぬ人。


別れ際に、握手してもらいました。

みんなが少しでも復興に向かってくれますように。


「わざわざ、長野からいらして下さったんですか?」との言葉も。



0715015
0715021

災害ボランティアセンターには、こんな「うさちゃん」。

ほんとうにかわいくて癒されます。


隣には、避難所が…。

「おれの家の家族はみんな無事だったけど、飼っていたうさぎが3羽ながされてしまったんだ」との男性の言葉。

すごく目を細めてこのうさぎを替わりのように可愛がっていました。



たった一日だけのボランティアで、やれたことは本当に少ないけど。。。

でも、行って良かった。

同行した仲間の言葉です。

でも、もしボランティアに参加したいと思い方がいたら…。



①事前にボランティアセンターに連絡をして、予約を入れてください。

②被災地では、観光に行くわけではないので、泊まれる場所はごくわずかです。
 受け入れてくれるホテルがあったとしても、被災されていたり設備が使えなくなってしまっていたりと、
 通常のサービスは出来ません。
 パジャマ・歯ブラシなとの生活必需品は必ず持参すること。
 ゴミは置いてこないこと。

③以前のように観光出来る場所はまだまだ限られています。
 お土産屋さんも、お店を開きたいけど開けないお店もたくさんあります。
 「野次馬」は…。

④まだまだ瓦礫の撤去は全体の数パーセントにも満たないそうです。
 ですが、受け入れ態勢もなかなか整っていない自治体も多いようです。
 息の長い、ボランティアが必要です。

⑤まだ復興が住んでいないままの状態なので、許可なく立ち入ることができない場所もあります。
 釘やガラスの破片なども散乱していて危険です。
 許可なく立ち入ることはできません。

⑥ボランティア活動をするには、自分の身支度は自分でするのが基本です。
 私も、今回は ゴム手袋・ゴム長靴、マスクなど…自分で持参しました。

⑥勝手にボランティアに参加することはできません。
 必ず、センターで登録して、センターを起点に行動します。
 お昼もセンターに帰ってきて、自分の持参したお弁当を食べます。
 車で勝手に行動することはできません。
 もちろん、仮設トイレなどない場所もたくさんあります。

⑦すべて流されてしまったあとなので、日蔭などあるはずありません。
かなりの暑さも考えられます。
自分の健康管理は自分でしましょう。
くれぐれも、ボランティアに行ったのに、センターの方に余計な仕事を増やさないように。  

私が震災ボランティアに参加するまで知らなかったことばかりです。

上から目線かもしれませんが、ご容赦ください。




現地で、作業中にもらったボランティアのリーダーの方から分けていただいた、冷えた「きゅうりのお漬物」のおいしかったこと。

どんなごちそうよりも…。


必要な時に、必要な手を差し伸べることができたら…。

と思います。

願えばいつか叶う。

このボランティアも願っていたことの一つ。

また、行きたいと思いますが…。

きっとどんな人にも出来ることはあるはずです。




人気ブログランキングへ





田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

バーベキューパーティー

2011-07-03

Tag :

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。






今日は、日本語教室での、課外授業(?)ということで、バーベキューパーティーに行って来ました。


雨がとても心配でしたけど、暑いには暑いけれど、薄曇りの程よい天気でした。

ブラジル出身ご夫妻が、主催ということで、バーベキューはブラジル方式。

日本では、「焼き肉のタレ」なぞをつけて食べますが、ブラジルでは、お肉にしっかりした味をつけて、焼いて「さあ、どうぞ!」でした。

他にも焼きそばあり…(なぜか、私が作ることに…?)持参したおにぎりあり、焼き肉をはさんでホットドッグあり、中国の餃子あり、デザートありの盛りだくさんでさした。

ワタクシは、「昆布のおにぎり」と「揚げパン」と「りんごのコンポート(春に作って冷凍保存したもの)」を持っていきました。




なぜか、男性陣が良く動きます。

日本人だけだと、なぜかかいがいしく動くのは女性陣。

男性陣はただ座って飲んでいるだけです。



今回は、焼き肉を二時間近く火の前で焼いてくれたのは男性陣。
(暑かっただろうな。ご苦労さま。男子厨房に入らずなんていうのは、この国だけなのかしら?)

芝生の上で子ども相手にバドミントンやボールで遊んでくれたのも手のあいた男性陣でした。

「先生、スポーツしましょ!」なんてバドミントンやってみたり。
(明日間違いなく筋肉痛だな…)


女性陣はひたすらに、井戸端(?)会議に花が咲きます。


ワタクシの環境では、思っても見ない待遇だったので、びっくりです。

日本人はどうも男尊女卑の思考が強いのかしら…?とも思ってみたり。



でも、不思議です。

誰が陣頭指揮をとるわけでもなく、スムーズに。

誰もが協力して、自分の出来る範囲のことが分かっています。


国境なんて関係ないじゃん、人種も関係ないじゃん、年齢なんて関係ないじゃん、男も女も関係ないじゃん、言葉だってコミュニケーション出来れば少しくらい違っても良いじゃん。

ボーダーレスなんだなって実感しました。



みんなニコニコ。

みんな車を運転したりするので、ノンアルコールのビールで何回もかんぱーい。

ニコニコしながら何度でもかんぱーい!

何気ない会話だけど、日本人だけとは、また違った趣です。

参加人数はなんと40人近くの大所帯でした!



猛暑ではなくても、暑くて疲れたはず。

でも、後片付けもあっという間。

みんなで協力して!

すごく、感動いたしました。

「協」という漢字は「ひとりひとりの力を合わせる」っていう意味なんだなってしみじみ。


0703008

たくさんあったメニューの一部。

珍しく、野菜が串刺しになっていますが…。

ブラジルでは、野菜は一緒に焼かないで、サラダで食べるそうです。

日本とは違いますね!

タレもないのも!



「えび」と「へび」がどうも聞き間違えるとの笑い話も。

「ヘビを焼いて食べる」なんて、すごいですよね。

「クマ」ってなんですか…。

「黒い毛皮の…」黒い服を着た人を指さしたら、偶然にもまさしく「クマ」のような体形で、「そう私のような人です」なんて大笑いしたり。

「ここ(信州)は、地震があっても津波が来ないから大丈夫!」なんて言う人もいたり。



「おいしかったね!」。

「楽しかったね!」みんな口々に。

「おつかれさまでした。ありがとうございました。」挨拶もちゃんと出来ますね。

素晴らしい!

みんなでニッコニコの一日でした。





さ、また明日から頑張りましょう!っと。


(日本語教室ネタばかりですみません)



人気ブログランキングへ





田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大阪へ その2

2011-07-02

Tag :


0702

おはようございます。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。



こちら信州では、松本・山形村あたりの中信で大きな地震がありました。

国宝「松本城」の壁にひびが入ったり、ブロック塀が倒れたり、家の中のモノが散乱したりととても大きな被害になりました。

幸いなことに、こちらは少し離れているので、私はあまり地震を感じずにいましたが、だんなさまのところでは、大きな地震が2回あったそうです。

我が家のあたりでも特に被害はありませんでした。

しばらく余震が続くとか…。

皆さまも、いつ何時地震があるやもしれません。

どうかご注意を。



0627001

0702001

我が家にいるカエル君。

緑が鮮やかです。

だんだんとメタボになってきました。

田んぼの方ではカエルの声が響きます。

今朝は、部屋の中は25℃。

もちろんエアコンなどなしです。

夏は夜から朝にかけて、すーっと涼しくなるので過ごしやすいです。

最近は夏バテ知らずで、もりもり食べちゃってます。

体重計に乗るのがイヤです。


だいぶ、太りました。。。


07020002

先日、新幹線で東京周りで大阪へ行った帰りにブロ友さんに声をかけて、ご対面してきました。

るん♪るん♪たいむのるんママさん(←クリックしてね)です。

ひょんなことから、佐渡島在住の「お父さん・お母さん・妹さん」にお世話になっておりまして…。

でも、当のご本人とはなかなかご対面が叶わずに。。。

初対面とか思えず時間を忘れて話し込んでいました。

お土産用意したのに、忘れてしまった!とのことで、なんとわざわざ宅急便で送ってくださいました。


うさぎちゃんグッズ。

節電の世の中にマッチする、扇子とタオルと、「きんぴらごぼう」というお菓子。

甘くて、少し辛くて、ビール飲みながら一晩で一袋食べてしまった…。

ダイエットはどこへやら。。。


川越にある雑貨や サク(←クリックしてね) さんからも、タロへのお土産ということで、サンプルいただきました。

07020011

すのこを引いても、「おまえらうざいねん」とバリケードを築いて、自分が見えないようにしているつもり…。

お尻見えてますけど…。


0702005

冬の間は色白である私も、ちょこちょこ庭に花の苗を植えたり、草むしりをしているうちに黒くなってきた。

ぶっとい二の腕とタロ。

大阪に行っているあいだ、タロと旦那さまは留守番だったけど、帰ってきたら、タロが少し太ってました。

だんながせっせと餌をあげていたんでしょうね。

「いつ、うさぎ鍋にするんだ!」なんて恐ろしいことをのたまう人なのですが動物はこっそり好きみたいです。

きっとデレデレしながら、かまっていたのでしょう。


タロもツンデレ。

見ているとツンツンしているくせに、見ていないと「遊んで、遊んで」と寄ってくる。

なぜか似ているような、二人です。




07020003

その前には、TOM's choice のTOMさん (←クリックしてね)とも東京駅にてご対面。

いつもながら、色白でおきれいな方。

とても聞き上手で、私の方が一方的に話してばかりだったような。

私のうさぎ好きに乗じて、手作りのうさぎちゃんグッズ。

ピンクッションとバッグ。

本人がいるときに、ちゃんと見てあげればよかったなと。。。

素敵な色合いのかわいらしいものを作るお手手。


お花を薔薇を愛するお方。

おっとりしていて、粗忽者の私には理想の方ですわ。



TOMさんのブログで私のことも紹介してくださっているので、ご覧になってくださいな。





以上、お二人ともお忙しいところ、時間を作ってくださって、わざわざ出向いてくれて本当にありまがとう。

とてもうれしかったです!



とまあ、予定をぎっしり詰め込んで大阪から帰ってきました。

帰ってきたら、仕事が少し忙しくて毎日残業続き。



今日は、病院へ行って日本語教室のボランティアに行って、明日のBBQの買い物をして…。

明日は、BBQだ~い。


とまあ、よく動いています。



…いったい私はいつ家事をしているんだろう…。

一応主婦なんだけど。。。






≪星と空≫ ≪ライフスタイル≫ 部門のブログランキング登録してみました。

面倒ですが、ポチっとが、何よりうれしいなっ。






人気ブログランキングへ




田舎でのんびり、ゆっくり時間の流れているのを感じています。

きれいな青い空が見えたらまたお会いしましょう。




いつもたくさんの拍手ありがとうございます。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

フリーエリア

 
 &freearea

プロフィール

たっつみぃ

Author:たっつみぃ
ウサギのタロと青い空が好き。

大きな空を一緒に見上げてみませんか?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

くろック ALL STARS

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。