現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ対応テレビ

2010-03-27

Tag :

0327001

こんばんは。

たっつみぃです。

ご訪問ありがとうございます。


0327002

今日は、晴れて良い天気になりましたが、少し風が冷たかったです。

実家へ行ってきました。

実家では、まだブラウン管の、小さな小さなテレビを使っています。

もちろん、地デジ対応などではありません。

母は、一人暮らしをしていますが、以前からアナログ放送を見れなくなるまであと何日…と聞くたびに気になっていました。

かといって、一人でテレビを買いに行っても年老いて、機械のことも良く分からない母。

一人暮らしですから、テレビが話し相手になっていることも多々あるでしょう。

以前から、買ってあげようと思っていましたが、人一倍意地っ張りな母。

きっと買ってあげると言っても、言うことを聞かないだろうから…

「一緒に夕ご飯食べない?」という口実を作って、大きなお店に連れて行って、「これにするからね」って決めてさっさと支払いを済ませてしまいました。

店員さんに「年寄りの一人暮らしだから、配達の際には責任を持って設置してくださいね。もし何か不都合があったら、工事費は別途かかってもかまいませんので、きれいに写るようにちゃんと設置してください」と重々お願いしてきました。

近くの大きな電気屋さんでは、本体は安いけれど、「買ってください。でも後の設置はご自分で!」という無責任状態でしたので、やめました。

本当は、持ち帰って私が設置してあげれば良いのですが、古い家なのでアンテナの配線状態など専門家にきちんと見てもらわないと、買っても「無用の長物」なってしまいますから!


実はこのお金、母からお正月に息子の「学費の足しにしなさい」ともらったお金でした。

その時はありがたく頂いたのですが、年老いた母からのお金は、今までの苦労を思ったら使えなかったのです。

とはいえ、食事に行くよと連れ出した際にも、またお金をもらっていました。

遠慮しても、悲しがるのでありがたくいただきました。

そして予定していたテレビを少し大きめのものにしても、まだ余るので…。

自分のためには使わずに、母のために使おうかと思っています。

近いうちに親子二人で温泉にでも行こうかと。



親というのはいくつになっても、子どものことを思っているものなんですね。

私は忘れてしまっていましたが、「この靴、一緒に旅行に行くときにお前に買ってもらったものだよ」と。

もう五年も前のことなのに。

靴くらいまた買ってあげるから、長生きしてよねって思ったけど、口には出せませんでした。

涙が出そうになったから…。






0327003

今年母は、75歳になります。

若い時は、「製糸工場」に勤めていました。

知らない人も多いかもしれませんが、「蚕」から「絹糸」を紡ぎだす仕事です。


時代の流れとともに、「蚕」も国産から中国産へ。

織物加工も国産から中国産へ移行する最後の時期でした。

その工場も時代とともに廃止になり、その退職金で「反物」を買ったそうです。

「白生地」の縮緬。

今ではすっかり珍しくなってしまった、「純国産品」です。

生地も厚手で、匁がかなり重いので「良い品」で、原価で買ったとはいえ、当時結構高価な値段で斡旋販売してもらったそうです。

その白生地を今日、母が私にくれました。(裏地用の生地も一緒に買ってありました)

「これは良いものだから、自分の好きな色に染めて仕立ててもらいなさい」と。

どうしても娘である私の手に渡したかったんでしょうね。

母の一生懸命働いてきた「証」ですから。




人はみないずれ老い行くもの。

私も行く道です。

残す者のことをだんだんと考えて行くようになるのでしょう。

反発ばかりの親不孝な娘ですが、日一日と母の「死」から目をそむけることができなくなっていくでしょう。

死ぬ前の形見分けのようで、とても切なくなってしまいましたが、でも「ありがとう」って思いながら母の姿を思い出しながら着物に袖を通す日もいつか来るのでしょう。

より一層小さくなってしまった母を見て、「育ててくれてありがとう」って素直に感謝の気持ちを言える日はあるのかな?って思いました。

私も「親孝行」もっとしておけば良かったと後悔するのと同じくらい、母も娘にもっといろんなことをしてあげればよかったと後悔しているのでしょうから。






≪星と空≫ ≪ライフスタイル≫ 部門のブログランキング登録してみました。

面倒ですが、ポチっとが、何よりうれしいなっ。

人気ブログランキングへ







拙いブログですが最後まで読んでくれてありがとう。

明日も青い空見れるかな?

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

sarahさんのコメント

こんばんは^^

お母様、テレビのこととても喜んでいるでしょうね^^
綺麗に見えるとか大きいテレビは見やすいとか、そういうことではなく、たっつみぃさんが、自分の娘が買ってくれた、ということにとても喜んでいるでしょうね。

『今できることを精一杯…』ですよね^^

親の前では口に出して言えない事ってありますよね。
でも、思い切って日ごろの想いを言うのも、お母様はテレながらも絶対喜んでくれます。
そして自分が後悔しないためにもね^^

今できることを精一杯…^^

SAKURAさんのコメント

たっつみぃさんは偉いです!!
私は未だに母に頼ってばかり。しかも「頼るのも親孝行」なんて正当化しちゃってるし…。
出来る親孝行と言えば、週に2回の定期の電話と孫を連れて顔を見せに行くことぐらい…
何かしてあげるとか、買ってあげるなんてこと出来ません。せいぜいが、食事に行った時、何回かのうち1回のお支払ぐらいです。
いつかは…って思っているとその「いつか」がなくなっちゃうんですよね…
実家に行く度に通帳と家の登記簿と保険の証書在りかを告げられるとちょっと悲しくなります。

lavandreさんのコメント

こんばんは。

親って幾つになっても子どものことを
気にかけてくれてるものですね。
ほんとに!ほんとに!有り難いものです。
今回のテレビはお母さま喜んでおられるでしょう。
たっつみいさん 又 着物着られてくださいな。
オッチョコチョイの私でも落ち着きますし
リラックスします(^^♪

カランドリエさんのコメント

たっつみぃさんて、本当に親孝行ですね。
そうなんですよね。
母親って、子供がいくつになっても
やっぱり母から見ると子供にみえて、気にかけてくれるんですよね・・・。
有難いです。

私は末っ子なので、母がかねがね申しておりました。
「あなたは末っ子だから、親といる時間が一番短いのね」
私も、「結婚しても、近くに住むからね」・・と
そんな母も、もうおりませんが、今日は一日、母の思い出にひたりたいと思いました。
たっつみぃさんを娘に持たれたお母様は、お幸せだな~と、心から思いました。

たっつみぃさんのコメント

sarahさまへ

sarahさま、コメントありがとうございます。

テレビの納品は明後日です。
某電気屋さんは、駆け込み購入で、テレビの在庫が品薄状態でした。

遠慮がちで、またワタシに気を使ってしまうのではないかと思っています。
でも、きっと嬉しくて家を訪ねてきたご近所さんに、喜んで話すと思いますよ。

『今できることを精いっぱい』がだんだんと少なくなって来ました。
まだ元気なのですが、階段を上ったり下りたりがしんどそうです。

考えてみたら、平均寿命まであと何年…。

たっつみぃさんのコメント

SAKURAさまへ

SAKURAさま、コメントありがとうございます。

> たっつみぃさんは偉いです!!
いいえ、偉くないですよ。
電話が苦手なんで、あまりかけることもないし、実家へ行くのもそんなに頻繁ではないし…。
でも、以前からの願い「京都旅行に行きたい」って言っていたのは、
なんとか五年前に実現することができました。
親子だから、旅行中もしょっちゅう喧嘩ばかりしていたけど、
でもうれしかったらしく、何度も何度も、連れて行ってくれたって話します。

「地獄谷温泉」の「お猿の温泉」にも行ってみたいそうなので、
実現してあげたいです。

SAKURAさんは、よくお母さんを呼んだりして親孝行。
えらいなっていつも思いますよ。

たっつみぃさんのコメント

lavandreさまへ

lavandreさま、コメントありがとうございます。

> 親って幾つになっても子どものことを
> 気にかけてくれてるものですね。
そうそう、良い年のワタシなのですが、心の中ではまだまだ「子ども」なんでしょうね。
いつも心配してくれているみたいです。
時々、そんなに心配してくれると、少し放っておいてくれるとありがたいけど…
なんて罰あたりなこと考えてしまいますけど…。

着物は忘れないうちに、呉服屋さんへ依頼に行きます。

たっつみぃさんのコメント

カランドリエさまへ

カランドリエさま、コメントありがとうございます。

> たっつみぃさんて、本当に親孝行ですね。
そんなことはないですよ。
ブログのお友達なんかはもっと親孝行だな…って思います。
なかなか時間が取れないので、それに逃げてしまっている私がいます。

私も母が晩婚だったので、参観日などは、母親の中で一番「年」でした。
母には母の歴史があり、産んでくれたことに感謝しなければいけなかったのに、
文句ばかり言っていました。
でもそれだけ、親と一緒の時間が短いってことなんですよね。
本当はもっと時間を大切にしないといけないのに。

就職は地元じゃないとダメと言って、県外に就職することを反対した母。
今になると、気持が痛いほど分かります。

カランドリエさんのように素直に気持が話せるといいなと思いますが。

けいさんのコメント

こんばんは!

一人暮らしのお母様を思うたっつみぃさんの
優しいお気持ちが 伝わってふわ~とあったかい気持ちになりました。
娘だからこそわかる 母親の気持ちも・・・
そうですね、何れは自分も通る道ですものね。

私はもう20年も前に母を見送りました。
それこそ 最期まで心配をかけてしまって 本当に後悔ばかりです。
なのでたっつみぃさんが 少し羨ましいですよ。

ご心配おかけしてしまいましたが 私のブログの記事の更新は 多分もう無いと思います。
色んな事が重なってしまい 少し気持ちの余裕が途切れてしまいました。

それでも 時折は遊びに伺うつもりでおります。
読み逃げが 多くなるとは思いますが どうぞ優しく見逃して下さいね!(^^)

gagahimeさんのコメント

こんばんは^^
親に面と向かってありがとうとか感謝してるよとか
大好きだよとか恥ずかしくて言えないです。^^
親は本当に大切な存在です。お母様から頂いたお金を簡単に使えなかった、、 たっつみぃさんお母様はお金の大切さを身をもって教えてくれた方なんですね。私も見習います。感動しました。

たっつみぃさんのコメント

けいさまへ

けいさま、コメントありがとうございます。

娘だから、似たところが多くて衝突してしまうことも多いんですが。
でも、きっと似ているからこそ、分かる部分も多いんでしょうね。

けいさんは、もうすでにお母さんがいらっしゃらないんですね。
私も父は早くに亡くしてしまったので、残念なことも多いですね。
「親孝行、したいときには…」ですね。

けいさんのブログ、無理をせずに、もしまた書くことができるくらい気持ちの整理がついたのなら、始めてくださいね。その時には、教えてくださいね。

時には、小さなお客様のお話、心がホワっと暖かく苗いましたよ。
「また!会いましょうね!」って心から言いますよ。
今までありがとうございました!

読み逃げ結構です。
読んでくれているかもって思うだけで、元気になりますから!

たっつみぃさんのコメント

gagahimeさまへ

gagahimeさま、コメントありがとうございます。

そうなんです。
なかなか面と向かって感謝の気持ちとかいうことができなくて…。
言葉にしたら、喜んでくれるでしょうけど。

母は、昔からの苦労人で、ガンバリ屋さんです。
母でなかったら、私たち兄妹を育てられなかったかもしれません。

母の後姿を見て育ってきましたので、母の気持も痛いほど分かります。。。

kurimomoさんのコメント

こんばんは。

すっかりご無沙汰してしまって、失礼しています!

お母様のお話、身につまされます。。。
私事ですが、母が明らかに年を取ったと感じさせられる出来事が先日起きたので、いずれは母の面倒を見ること、そしていつか来る別れの時のことを、リアルに想像するよいきっかけになりました。
生み育ててもらった子供の義務として、生きている今も、いずれ必ず来る辛い別れの時にも、子としての務めを精一杯果たさなければならないんですよね…。

しみじみと胸に迫るお話でした。ありがとうございます☆

りんごひめさんのコメント

たっつみぃさんの話にうるうる(;O;)
母のありがたみを・・・考え。
本当に母親って幾つになっても子供のことを考えていつも心配してますよね。
私ももっと親孝行をしなきゃって思いました。

ピンピンシニアさんのコメント

親は何歳になっても自分の子供を案じるものだそうです。
アナログ終了まであと1年チョイ。
大型電気店は持ち帰り売りで安い値段を表示して歩けど、古いテレビの処分など省かれると個人は困ってしまいます。
荒船山のほうに炭酸泉の鉱泉があります。
昔父といった想い出があります。

るんママさんのコメント

ウルッと来てます・・・
たっつみぃさんと、そのたっつみぃさんを育ててくれたお母様が
一層好きになりました☆
製糸工場・・・
テレビドラマで見た「あぁ、野麦峠」の世界ですね・・・!?

実家の母は父と妹と暮らしているので
ついつい大丈夫、なんて思いがち・・・
反省(汗)
母のことを思ういい機会をもらった気がします☆

たっつみぃさんのコメント

kurimomoさまへ

kurimomoさま、コメントありがとうございます。

イベントお疲れ様でした。
近くだったら、行きたかったな…・

気がつくと、親も少しずつ老いていますね。
子どもにとってはいつまでも、若い時のイメージのままなんですが。

育ててくれたからには、いずれは面倒見ようと思っていますが、
自分の生活も一緒にですので、ちゃんと面倒見れるかどうか。。。
やがて来る別れにも、悔いの残らぬように、日々出来ることを精いっぱいに!です。

たっつみぃさんのコメント

りんごひめさまへ

りんごひめさま、コメントありがとうございます。

母のありがたみ。。。
何かきっかけがないと「当たり前」のように思ってしまいますよね。
感謝の気持ちも、ちゃんと口にして「ありがとう」って伝えられると良いですね。

親孝行、簡単のようで難しい…。
モノだけでなく、心が伝わるように…
やっぱり難しい。

たっつみぃさんのコメント

ピンピンシニアさまへ

ピンピンシニアさま、コメントありがとうございます。

野口英世の母「シカ」さんを思い出しました。
息子に会いたい一心で、文盲であったのに、一生懸命勉強して「手紙」を書いて、
留学先の息子に出したんですよね。

そうそう、近くの大型店は、安いけど、売ったらおしまい。
設置のことも、配線のこともちっとも考えてくれません。
ちゃんと配送して、設置まで面倒みてくれるお店にしました。
ちょっと高いかもしれないけど、テレビだけポンと置いて行かれても、
母にはどうすることもできませんから。。。

初谷鉱泉でしょうか?
最近リニューアルして、一日に限定何名かの宿泊予約しかとらないみたいです。
のんびりできるし、とっても良い感じでした。
そこも、良いかもしれません!
教えていただいてありがとうございます!

たっつみぃさんのコメント

るんママさまへ

るんママさま、コメントありがとうございます。

そうそう、「野麦峠」の世界です。
絹の着物を着る人は、糸を紡ぐ、女工さんの苦労を知らないんですよね。
母の時代はもうすでに「全自動」の機械でしたが、今度は毎日毎日機械に追われて大変だったみたいです。

るんママさんちの優しいご一家もとても素敵です。
さすが、あのるんママさんが育った家だな~って。
暖かい気持ちになりましたよ。

親孝行は「お金」や「モノ」ではないんですよね。
昔の話を聞いてあげたり、一緒に散歩してあげたり、
訪ねて来てくれた母のゆかりに人に「お世話になっています。母をよろしくお願いします」って言ったり。
ってことだけでも、すごくうれしいみたいです。
一番うれしいのは「良い娘さん持って幸せね♪」って言われることみたいです。
自分のことよりも子どものことを褒めてもらえるとうれしいんです。
いくつになっても「子は子」なんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

 
 &freearea

プロフィール

たっつみぃ

Author:たっつみぃ
ウサギのタロと青い空が好き。

大きな空を一緒に見上げてみませんか?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

くろック ALL STARS

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。